【MFクラウドを使って帳簿管理する方法】第2回目〜アプリを使って楽々入力

 

こんにちは、水上里美です。

あっという間に2回目のレクチャーの日がやって来ました。

1回目のレクチャーでやる気は起きて、

「溜まっていた1〜5月分を一気に片付けるぞ!」

と意気込んでいたのですが結局は終わらず・・・失速。

1回目のレポはこちらから

現金の入力分が丸々残っていたのでした。

そんな私にまたまた、えりさんの神の手が・・・2回目のレポです。

 

1回目が終わってやったこと

  1. 毎月のルーティーンを一覧にする
  2. 月初に帳簿の日を作って1ヶ月分づつまとめてやる
  3. 自動明細取り込み分(アマゾン・楽天・銀行・カードなど)の消しこみ作業をMFクラウドを開くたびにする
  4. 現金支出分のレシートを月別で仕分ける

 

この辺りは1回目が終わってすぐに取り掛かりました。

土台が固まった感じがしますね。

が習慣になったおかげで、記憶の新しいうちに作業をするのでいちいち手帳を見たり、明細を確認して調べる手間が減ったおかげで時短になっています。

 

自分でやって分からないところを質問

一人でやっていると、

「これは何費にしたらいいの?」

という経費が次々と出て来ます。

一人でやっていたら、はいここで作業ストップ!!

 

それを一つづつ確認しながらクリア、次回から自動仕訳ができるようにルールをMFクラウドに覚えさせていきます。

これができると、次月からとっても楽なんです。

 

溜まっていた現金支出分の入力

 

「現金し支出分の入力5ヶ月分」

やり始めたら早いのだろうけど、なかなか手がつきませんでした。

苦手なことって、本当に進みません・・・。

そんな私に、またもやえりさんの神の手が!!

スマホアプリ「Taxnote」を使って簡単に入力するというもの。

そのアプリの謳い文句が、

『爆速で経費を入力できる』

本当に爆速でした!!!

なんと、5ヶ月文を20分で入力完了。

電卓の感覚ですねー。

このアプリ使用のために、入力を残しておいたのか・・・「神様ありがとう」と都合のいい言い訳をしつつ無事に入力を終えました。

そのアプリはこちらから、えりさんがブログで記事にしてくれてます。

このアプリは本当に便利。

無料版だと月に15件までしか使えませんが、無料版でもストレスなく使えるような一工夫をえりさんが教えてくれたので無料版で使っていきます。

 

まとめ

仕組みと習慣を作ることができると仕事ってどんどん楽になっていきます。

今はまだ仕組みづくりの途中ですが、3ヶ月後くらいを目標に習慣にしていきたいです。

 

 

市川えりさんはファイナンシャルプランナーさんです。

以下、市川えりさんのブログより抜粋です。

~ご注意~
個別相談では確定申告についてのご相談も受け付けておりますが、具体的な数字や内容に関するアドバイス、申告書作成については有資格者以外は税理士法の第52条で禁止されております。

よってご相談時はあくまで一般的な税金や確定申告の知識、帳簿のつけ方等をお伝えすることが中心となります。

ご希望であれば専門家のご紹介もいたしますのでご相談ください。

以上、あらかじめご了承くださいませ。

個別相談は分からないところが一気に解決するので、私の一押しのメニューです。

切っても切り離せない、家計のことから起業のことまで相談に乗ってくる力強い存在ですよ。

 

次回は、9月中旬です♪

 

 

無料メール講座を始めました!

Copyright© 入園グッズ専門店 りんごの木 , 2017 All Rights Reserved.