【開催レポ】「今の自分に一番必要なことは何か?」
が分かる【しつもん読書会】@シンクロニシティ・マネジメント

 

この記事を書いている人 - WRITER -


オーダーメイドの入園グッズのネットショップを運営。
市販されていないサイズの園独自の指定グッズに個別で対応し、オーダー待ち多数の入園グッズ製作代行人として活動しています。
小4男、小2男、年中女、0歳女の4人の子供たちのお母さんでもあります。
妊娠中でも子育て中でも得意を生かして社会とつながる♪
働くお母さんの時間管理、イライラを少なくしてニコニコなママになるためのヒントもお伝えしています。

水上 里美

こんにちは、水上里美です。

7月13日に、名古屋市栄のツカサデザインショールムにて【しつもん読書会@シンクロニシティ・マネジメント】を開催しました。

この読書会は、しつもんワークシート(マツダミヒロさん考案・水上作)を使って、今の自分に一番必要なことは何か?がわかるという内容の読書会です。

当日は、6名の方が参加してくださり初めましての方もお二人。
講師、作家、フォトグラファー、専業主婦など幅広い方々が集まってくださり異業種交流会としても楽しい場となりました。

今回はこの読書会についてレポートします。

 

 

イベントの内容

この読書会の内容は何と言っても、事前に本を読んでこなくてもいいという参加のハードルが低いのが特徴です。

事前に読み込んでこなくても、ちゃんと読書会として成立していて楽しんでいただける内容となっています。

 

この読書会に参加すると・・・?

  • その本がもっと読みたくなる
  • 短い時間で自分に必要なエッセンスが吸収できる
  • 参加者同士仲良くなれる
  • 新しい視点が増える

などなどいいことがたくさんあります。

 

まず読書の時間の前に、4つの質問を通して自分に向き合う時間があります。

 

※写真はすべてご参加くださったフォトグラファーの松井菜保子さん撮影

 

その後、10分間の読書。

10分しかないのでペラペラとめくったり、目次を見て気になるところを読んだり人それぞれです。

 

読んだ後は、また4つの質問に答えていきます。

 

その後は、書いた質問の答えをシェアしていきます。

 

ここで早くも本の内容でもあるシンクロが!

ペアでシェアしていただく場面では、私が適当にお隣同士などでペアを作るのですが、あるペアでは書いた答えが4つとも(全部)一緒なんてことも。

「答えが出ない」という答えまで一緒の時は鳥肌が立ちましたね。

 

 

ただ本を読んで自分の考えをシェアするだけでなく、自分を内観できるしつもんに答えた後で、本を読み、またそれを文章にして話すことでグーンと気づきが深まりまるんです。

リラックスした雰囲気と本の内容であるシンクロを体感しながら読書会は進んでいきました。

 

参加者さんが作った「魔法のしつもん」の答えを全員でシェアして盛り上がる

読書会のクライマックスは、それぞれが作った魔法の質問を発表して答えるところです。

この時に、自分で作った質問に答えるだけでなく、他のメンバーの作った質問にも答えていきます。

 

ここは私がランダムに当てたりするので、みんな頭をフルに使って考えてくれます。

かなり頭を使うので、飴ちゃんを用意しています。

 

今回は、「自分で作った質問の答えが出ない・・・・」という意見もたくさんあったのですが、

(答えが出ないのもまたOKです)

 

最後の方の質問が、

「具体的にまず何をしますか?」

 

まるで最初から仕組まれていたかのようなこの質問でした。(2度目の鳥肌です)

 

私の答えは、「自分のために暖かいお茶を入れること」早速帰って実行しました。

美味しかったです♡

 

参加者の声 「質問することでこんなに理解が深くなっていくのかと感心」

竹市友美さん

場の雰囲気も心地よかったです。

みんなで意見をシェアするといろんな視点が増えて面白かったです。

素敵な方々なのでまたご縁ができるといいです。

個性心理學認定講師・キャラナビゲーター粕谷佳美 さん

質問することでこんなに理解が深くなっていくのかと感心しました。

金属アレルギー対応教室アクセサリー講師 柴田晴子さん

シェアしていく中で同じように感じている人がいたりへえ〜と思うことがあったりと新鮮な気づきがありました。

フォトグラファー 松井菜保子さん

特別なことではない。少しずつ小さなことから感覚を取り戻して「シンクロ」できるようになりたいと思った。他人の意見を聞くことで視野が広がりました。

加藤茜さん

たのしかった。その時に必要としていた答えを見つけられました。

グループで話をするのはとても大事。私にとっては必要だと思いました。

人間は社会性の生き物ですね!ありがとうございました!

紙バンドクラフト作家 村瀬早苗さん

とても深いすぐに答えは出ないと思っていましたが、食べ物飲み物の選択など小さなことから気づけるようにしたいと思えました。ありがとうございました。 

 

ブログでもご紹介くださっています。
個性心理學認定講師・キャラナビゲーター粕谷佳美 さん

あなたの中の上質な自分に出会うサポートをしている、キャラナビゲーターの粕谷佳美です。

 

【読書会】に初参加!

{B1D05E79-E97D-46F3-A57D-AB52EB168130}
シェアした本はこれ!
{936D2EF5-3335-4EA6-AB5D-B9B7A48C156D}
そもそも何故、今回の読書会に参加したかというと、
① この本を私達夫婦が最も影響を受けた本の作者、雲黒斎さんが紹介していた事
② 主催者がとっても信頼のおけるハンドメイド作家の水上里美さんだった事      入園グッズ専門店りんごの木

この二つの条件が重なったから、行かないという選択肢は無いでしょう!という事で行ってまいりました!

あ、ちなみに雲黒斎さんの本はこれね!

{837CC002-642C-41A7-998F-1F87D01735A6}

今までにこの手の本は何十冊と読んできました。

そして、全て主人とシェアしてきましたが、今回はほぼ初対面の方々とのシェア。
でもね、さすが、同じ本に共感する方たちなので、わかるわかる、そうそう!といった感じ。
そこで、更に質問形式に答えるという形で、これは新鮮でしたね〜
本をただ読み進めるだけでなく、自分に質問をする事でより深まり、更にそれをシェアする事でハッと気付けたり、とっても参考意見を聞けたり。
極め付け、最後に引かせてもらった質問カード

{9206B8DC-4863-4078-AAE9-1493395020CA}

全く同じフレーズをこのカードを引く30分前に質問に答えていた事!!

これぞ、まさにシンクロニシティ(意味のある偶然)・゜゚・*:.。..。.:*.。. .。.:*・゜゚・*
鳥肌たっちゃいました!!
すかさず、参加者の1人が鳥肌がたつ時はアッチと繋がってるんですよー!って
アッチとはこの本の中ではシンクロ フィールド、いわゆる潜在意識とか宇宙の意味。

もう、最近ではこうやって現象として見せてくれる!

そして、最後に自分へのメッセージ!

いいかげん、受け入れろよ!    笑

 

雲黒斎さんの「あの世で聞いたこの世の仕組み」読んでみたいです。

読書会しても楽しそうですね〜!

そして、引いた質問カードこの日、3度目の鳥肌でした。

 

まとめ

いかがでしたか。

この広い世界の中で一生のうちに会話ができる人の数ってそんなに多くはありません。

そんな中でこの読書会のように少人数で思いを伝え合うこのメンバーはかなり共感ポイントが高いメンバーが集まります。

 

ディズニー映画の「インサイド・ヘッド」をご存知でしょうか?

11歳の少女の頭の中を舞台に、喜び、怒り、嫌悪、恐れ、悲しみといった感情がそれぞれキャラクターとなり、物語を繰り広げるディズニーアニメです。

 

この読書会は、インサイド・ヘッドのよう自分の頭の中で考えていることを可視化できる場所だと感じていました。

その不思議な感覚がシンクロニシティに詳しく書かれていてすごく納得しました。

 

「今の自分に一番必要なことは何か?」
が分かる【しつもん読書会】、今後も月1回の開催を予定しています。

 

次回の本は、エクスマ塾で有名な藤村 正宏さんの【新版 安売りするな! 「価値」を売れ!】を予定しています。

 

 

参加者一人一人が影響しあって新しい気づきが生まれる。

流れの中で何が起きるか?楽しんでみませんか。

みなさんのご参加をお待ちしています。

 

【関連記事】

お子様連れでセミナーやおはなし会に参加をご希望の方へ

 

 

Copyright© 入園グッズ専門店 りんごの木 , 2017 All Rights Reserved.