はじめたきっかけは何?【第2回】なりたい自分を思い出す7つの質問

 

この記事を書いている人 - WRITER -


オーダーメイドの入園グッズのネットショップを運営。
市販されていないサイズの園独自の指定グッズに個別で対応し、オーダー待ち多数の入園グッズ製作代行人として活動しています。
小4男、小2男、年中女、0歳女の4人の子供たちのお母さんでもあります。
妊娠中でも子育て中でも得意を生かして社会とつながる♪
働くお母さんの時間管理、イライラを少なくしてニコニコなママになるためのヒントもお伝えしています。

水上 里美

こんにちは、水上里美です。

今日は第2回目の「始めたきっかけは何?」こちらについて。

ホームページ講座を始めたきっかけについて書いてみようと思います。

 

ホームページを作りたいので教えて欲しい

入園グッズのオーダーをホームページからに一本化してから、とても効率がよく仕事が回るようになりました。

ちょうど同じ頃、作家さんからホームページの作り方を教えて欲しいと言われて、「いいよ」とはいったもののホームページ作りって結構なボリュームで時間もかかるし、資料を作るのも膨大だし、時間がかかるということはお金もかかるということです。

 

なので、一体どこから教えていいのか・・・?と思い悩む期間が長かったのを覚えています。

 

スタートはちょうど1年前

そんな思い悩む期間から抜け出せたのは、中尾亜由美さんの売れっ子作家プロジェクトチームの中でもホームページを作りたいという話題が出た時でした。

これはチャンスだ!!!

ここで、スタートしなければと強く思ったのを覚えています。

そして、まずはチームの中で募集そのあと一般募集をして2016年4月〜6月に産休に入るまでの間に15名の方が受講してくださいました。

教えるということは初めてだったのですが、一番びっくりしたのはアウトプットすることにより自分がのホームページがさらに整ったということ。
気になっていたけど放置していたところに手を加えたことで、さらにホームページからの集客(入園グッズの)につながったのに驚きました。

この経験からホームページって作っただけでなく、追加や改良を加えることで育てていくツールだということを自信を持ってオススメしています。

 

操作は簡単だけど、骨組み部分(導線)を作るのは難しいという事実

私も4年ほど前にJimdoのホームページ講座を受講したことがあるのですが、ビジネスの基礎と操作面をメインに教えてくれる講座でした。

当時の私にはビジネスの話はチンプンカンプンで・・・。

Jimdoのホームページ講座も操作は簡単なんだけど、本当に重要なのは、

  • お店の世界観
  • 何のお店かがすぐにわかること
  • ぱっと見の統一感

これがないと、ホームページを作っても誰も見に来てくれず・・・存在していないのと同じことなのです。

まさに、私が最初に作ったホームページがそうでした。

名前も当時は、入園・入学グッズ&子供服 りんごの木 ぼやっとしてますよね。
で、何屋さん??という感じ。

今は、入園グッズ専門店 りんごの木 です。

 

そこから、中尾亜由美さんの招致セミナーを名古屋で開催したり、個人コンサルを受けるようになって本当に重要な部分を教わることにより、徐々に今のホームページが出来上がっていきました。

 

まとめ

書いて感じたこと

この文章を書くにあたり、あらためて受講してくださった方の人数を確認したり、入園グッズのオーダーの数を確認したのですがオーダー件数は昨年の2倍でした。
講座をするためにホームページを整えることが、この数字につながったのだと思うとアウトプットすることの重要性をすごく感じました。

 

今日から何のアクションをする?

今日も来週からスタートするホームページ講座のレジュメを作成しています。

昨年、受けてくださった方からかなり細かくアンケートにご協力いただきました。

それを元にレジュメを改良しています。

まずは、これをもう2〜3日で完成させます。

そのあとは、ホームページ作りに興味のある方に向けて、その一部をこちらのホームページかメルマガで公開しようと考えています。

その次は、動画かな〜。

やりたいことは尽きません。笑

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

次回は、3回目の「どんな人を幸せにしたい?」です。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です